HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

アイドルマスターの歴史を振り返ってみるブログです。

【ライブレポート】雷雨の為に開演時間が大幅に遅れる波乱の幕開け『ランティス祭り2014 東海』

■イベント詳細

 ランティス祭り 東海
 開催日:2014/07/19,20 開場12:30 開演14:00
 会場:ナガシマスパーランド芝⽣広場・野外特設ステージ(三重県)
 料金:8,500円(ナガシマスパーランド入場料込)
 出演者(19日):
  アイドルマスターミリオンスターズ、AiRI、緒方恵美、奥井雅美、
  CooRie、GRANRODEO、KOTOKO、佐藤ひろ美、白石稔、鈴村健一、
  STEREO DIVE FOUNDATION、茅原実里、nano.RIPE、美郷あき、μ’s、
  結城アイラ、yozuca*
 出演者(20日):
  Annabel、小野賢章、OLDCODEX、喜多修平、栗林みな実、ZAQ、
  JAM Project、Ceui、寺島拓篤、fhana、飛蘭、μ’s、森久保祥太郎

 ・ランティス祭りスタッフブログ「7月19日(土)東海公演(1日目)[SET LIST]」
 ・ランティス祭りスタッフブログ「7月20日(日)東海公演(2日目)[SET LIST]」
 ・こえぽた「東海公演レポート到着!2daysで18,000人動員&2015年海外公演を発表!」



■ランティス祭り東海1日目は、雷雨の為に開演時間が大幅に遅れる波乱の幕開け

 アニメやゲーム等の楽曲を主に製作しているレコード会社「ランティス」が、設立15周年を記念して開催するライブイベント「ランティス祭り」。このイベントは、東海、関西、関東、東北の各地で行われるのですが、そのスタートを飾る東海でのイベントに両日参加しました。



 1日目は天候が不安定で、会場であるナガシマスパーランドに到着した時には土砂降りの雨。その後、晴れ間が見えるほど天候が回復し、開場時間が遅くなったものの、14時30分から始まることになりました。しかし、開演時間に近付くにつれ雨脚が強くなり、最終的には雷雨が近付いているとのことで、一旦全員会場外へ。

 会場外でしばらく待つことに。ナガシマスパーランド内ではスピーカーからランティス楽曲が。今日はこれを生で聴くことができないのかなと残念に思いながら、暇なので、どんな曲が流れていたのかメモを取りました。

 1.SKILL(JAM Project)
 2.ハレ晴レユカイ(SOS団)
 3.もってけ!セーラーふく(平野、加藤、福原、遠藤)
 4.TERMINATED(茅原実里)
 5.僕らは今のなかで(μ's)
 6.きっと青春が聞こえる(μ's)
 7.mind as Judgmen(飛蘭)
 8.ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C(ヒャダイン)
 9.Sparkling Daydream(ZAQ)
10.曲名をメモるのを忘れてしまいました…(GRANRODEO)
11.環境超人エコガインダー0X(遠藤正明)
12.START:DASH!!(μ's)
13.ハナノイロ(nano.RIPE)
14.僕らのLIVE 君とのLIFE(μ's)
15.Snow halation(μ's)
16.Starting STYLE!!

 中止になったらコレをライブのセットリストの代わりに公開しようと思いながら待っていましたら、15時頃にナガシマスパーランド内が停電に。落雷による影響だったのでしょうか。10分後には復旧しました。そんなアクシデントがありつつ、ただただ待っていたのですが、雨がやむ気配無し。中止のアナウンスを待つしかないのかなと考えていたのですが、次第に天候が回復しまして、16時頃にアナウンスがあり、17時開演の流れとなりました。



■初日のセットリストについて(全32曲)

 M01:Can Do(アニメ「黒子のバスケ」#1-#13 OP)
 Can Do(2012/04/18)より
  作詞:谷山紀章 作曲・編曲:飯塚昌明
  歌:GRANRODEO

 M02:シャニムニ
 恋音(2009/12/09)より

  作詞:谷山紀章 作曲・編曲:飯塚昌明
  歌:GRANRODEO

 M03:Mind-set
 Mirage(2014/07/09)より
  作詞:AiRI 作曲・編曲:宮崎京一
  歌:AiRI

 M04:キラ☆キラ(ゲーム「キラ☆キラ」OP)
 キラ☆キラ(2007/11/21)より
  作詞・作曲・編曲:第二文芸部
  歌:AiRI

 M05:S.S.D!(アニメ「プリンセスラバー!」ED)
 S.S.D!(2009/08/26)より
  作詞・作曲:yozuca* 編曲:黒須克彦
  歌:yozuca*

 M06:サクライロノキセツ(アニメ「D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜」OP)
 サクライロノキセツ(2005/07/21)より
  作詞・作曲:tororo 編曲:Angel Note
  歌:yozuca*

 M07:メグル(アニメ「D.C.III 〜ダ・カーポIII〜」ED)
 会いたいよ/メグル/REFLECTION(2013/02/13)より
  作詞・作曲:rino 編曲:長田直之
  歌:CooRie

 M08:センチメンタル(アニメ「美鳥の日々」OP)
 センチメンタル(2004/04/21)より
  作詞・作曲:rino 編曲:鈴木雅也
  歌:CooRie

 M09:守護心PARADOX(アニメ「めだかボックス アブノーマル」ED)
 守護心PARADOX(2012/11/21)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:山本祐介
  歌:美郷あき

 M10:少女迷路でつかまえて(アニメ「ストロベリー・パニック」OP)
 少女迷路でつかまえて(2006/04/26)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:齋藤真也
  歌:美郷あき

 M11:ガチでいこうぜ!(ラジオ「白石稔のガチ無知ラジオ」OP)
 出しちゃいました。(2011/02/09)より
  作詞・作曲:白石稔 編曲:鈴木マサキ
  歌:白石稔

 M12:Nobody's perfect!(ラジオ「緒方恵美の晴天ヘキレキ」主題歌)
 Rebuild
(2012/01/25)より
  作詞:em:óu、 作曲・編曲:黒須克彦
  歌:緒方恵美

 M13:再生-rebuild-(ゲーム「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」ED)
 Rebuild(2012/01/25)より
  作詞:em:óu、 作曲・編曲:岩瀬聡志
  歌:緒方恵美

 M14:愛しき抗いよ、導け光へ(アニメ「ブレイクブレイド」ED)
 愛しき抗いよ、導け光へ(2014/05/28)より
  作詞:結城アイラ 作曲・編曲:加藤裕介
  歌:結城アイラ

 M15:colorless wind(アニメ「sola」OP)
 colorless wind(2007/04/25)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:大久保薫
  歌:結城アイラ

 M16:影踏み(アニメ「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」主題歌)
 影踏み(2013/03/06)より
  作詞・作曲:きみコ 編曲:佐々木淳
  歌:nano.RIPE

 M17:面影ワープ(アニメ「花咲くいろは」#14-#25 OP)
 面影ワープ(2011/08/03)より
  作詞・作曲:きみコ 編曲:佐々木淳
  歌:nano.RIPE

 M18:Daisy(アニメ「境界の彼方へ」ED)
 Daisy(2013/11/27)より
  作詞・作曲・編曲・歌:STEREO DIVE FOUNDATION

 M19:AXIS(アニメ「ノブナガ・ザ・フール」#2-#13 ED)
 AXIS(2014/02/12)より
  作詞・作曲・編曲・歌:STEREO DIVE FOUNDATION

 M20:WOLF~FINAL,THE LAST GOLD~(パチンコ「CR牙狼FINA」主題歌)
 牙狼黄金歌集 牙狼魂(2013/09/25)より
  作詞・作曲:奥井雅美 編曲:鈴木マサキ
  歌:奥井雅美

 M21:Little wing(アニメ「スクラップド・プリンセス」OP)
 Little wing(2003/04/23)より
  作詞:影山ヒロノブ、奥井雅美 作曲:影山ヒロノブ 編曲:河野陽吾
  歌:奥井雅美 × 美郷あき(コラボレーション)

 M22:Thank you!(ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」主題歌)
 LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!(2013/04/24)より
  作詞:NBSI(モモノキエイジ) 作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)
  歌:山崎はるか、田所あずさ、麻倉もも、Machico、渡部優衣、藤井ゆきよ

 M23:Welcome!!(ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」主題歌
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 01(2014/07/30)より
  作詞:佐々木恵梨 作曲・編曲:BNSI(佐藤貴文)
  歌:山崎はるか、田所あずさ、麻倉もも、Machico、渡部優衣、藤井ゆきよ

 M24:時代の無双花(アニメ「萌えよ剣」OP)
 時代の夢想花(2005/08/03)より
  作詞:畑亜貴 作曲:太田雅友 編曲:藤間仁
  歌:佐藤ひろ美

 M25:Shooting Star(アニメ「おねがい☆ティーチャー」OP)
 Shooting Star(2002/01/26)より
  作詞:KOTOKO 作曲:折戸伸治 編曲:高瀬一矢
  歌:KOTOKO

 M26:Second Flight(アニメ「おねがい☆ツインズ」OP)
 Second Flight(2003/07/24)より
  作詞:KOTOKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢、中沢伴行
  歌:KOTOKO × 佐藤ひろ美(コラボレーション)

 M27:SHIPS
 VESSEL(2014/05/14)より
  作詞:鈴村健一 作曲・編曲:渡辺拓也
  歌:鈴村健一

 M28:あいうえおんがく
 All right(2013/10/30)より
  作詞:鈴村健一 作曲・編曲:宮崎誠
  歌:鈴村健一

 M29:僕らは今のなかで(アニメ「ラブライブ! 第1期」OP)
 僕らは今のなかで(2013/01/23)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
  歌:新田恵海、楠田亜衣奈、徳井青空、Pile、久保ユリカ、飯田里穂

 M30:No brand girls(アニメ「ラブライブ! 第1期」挿入歌)
 No brand girls/START:DASH!!(2013/04/03)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:河田貴央
  歌:新田恵海、楠田亜衣奈、徳井青空、Pile、久保ユリカ、飯田里穂

 M31:純白サンクチュアリィ(アニメ「キディ・ガーランド パイロットDVD」主題歌)
 純白サンクチュアリィ(2007/01/24)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:菊田大介
  歌:茅原実里

 M32:Freedom Dreamer(ラジオ「茅原実里のradio minorhythm」OP)
 Freedom Dreamer(2010/07/21)より
  作詞:茅原実里 作曲・編曲:菊田大介
  歌:茅原実里


 開演時間が大幅に遅れましたが、終演時間が21時に延長されましたので、結局4時間の公演時間で、予定より1時間程度の短縮。かなりの数の曲がカットされたのかと思いきや、1組に対して1曲減に留まりました。GRANRODEOの谷山さんが、4曲の予定であったことをMCパートで話されていましたので、多い組で4曲、通常3曲、少ない組で2曲披露することになっていたようですが、基本的に全員2曲の披露に変更されました。但し例外がありました。唯一、1曲しか披露できなかった白石さんです。当日はオープニングでの出演者紹介も行われていましたし、何よりライブ時の半裸姿のインパクトが凄かったので、存在感は大いにアピールされていました。あの姿で真面目な曲を歌うところを見たかったような気が、するようなしないような複雑な気持ちでありました。


■2日目のセットリストについて(全40曲)

 M01:僕らは今のなかで(アニメ「ラブライブ! 第1期」OP)
 僕らは今のなかで(2013/01/23)より
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:森慎太郎
  歌:新田、三森、内田、南條、楠田、徳井、Pile、久保、飯田

 M02:僕らのLIVE 君とのLIFE
 僕らのLIVE 君とのLIFE(2010/08/13)より

  作詞:畑亜貴 作曲:山田高弘 編曲:高田暁
  歌:新田、三森、内田、南條、楠田、徳井、Pile、久保、飯田

 M03:No brand girls(アニメ「ラブライブ! 第1期」挿入歌)
 No brand girls/START:DASH!!(2013/04/03)より

  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:河田貴央
  歌:新田、三森、内田、南條、楠田、徳井、Pile、久保、飯田

 M04:START:DASH!!(アニメ「ラブライブ! 第1期」挿入歌)
 No brand girls/START:DASH!!(2013/04/03)より

  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:佐々木裕
  歌:新田、三森、内田、南條、楠田、徳井、Pile、久保、飯田

 M05:Shining Days~僕らの恋模様~(ゲーム「乙女的恋革命★ラブレボ!!」OP)
 ユメミルセカイ(2013/07/24)より
  
作詞:佐藤舞花 作曲:森慎太郎 編曲:Meis Clauson
  歌:喜多修平

 M06:世界がキミと出会うまで(アニメ「世界一初恋 〜バレンタイン編〜」主題歌)
 優しい軌跡/世界がキミと出会うまで(2014/03/26)より
  作詞:こだまさおり 作曲・編曲:Meis Clauson
  歌:喜多修平

 M07:世界の果てに君がいても(アニメ「世界一初恋2」OP)
 世界の果てに君がいても(2011/10/26)より
  作詞:こだまさおり 作曲・編曲:宮崎誠
  歌:喜多修平 × 影山ヒロノブ

 M08:Last Inferno(アニメ「伝説の勇者の伝説」OP)
 Last Inferno(2010/10/27)より
  作詞:Ceui 作曲:小高光太郎、Ceui 編曲:小高光太郎
  歌:Ceui

 M09:レボリュシオン
 ガブリエル・コード 〜エデンへ導く光の楽譜〜(2013/11/20)より
  作詞:Ceui 作曲:小高光太郎、Ceui 編曲:小高光太郎
  歌:Ceui

 M10:東京ゼロハーツ(アニメ「東京ESP」OP)
 東京ゼロハーツ(2014/07/30)より
  作詞・作曲:上松範康(Elements Garden) 編曲:藤間 仁(Elements Garden)
  歌:飛蘭

 M11:優しさの蕾(ドラマ「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」ED)
 優しさの蕾(2014/04/30)より
  作詞:飛蘭 作曲:上松範康(Elements Garden)
  編曲:Evan Call(Elements Garden) 歌:飛蘭

 M12:WHITE justice(アニメ「機動戦士ガンダムAGE」#29-#39 ED)
 WHITE justice(2012/05/23)より
  作詞:飛蘭 作曲:上松範康(Elements Garden) 編曲:藤田淳平
  歌:飛蘭

 M13:Architect
 NEW GAME(2012/06/06)より
  作詞:寺島拓篤 作曲・編曲:工藤嶺 歌:寺島拓篤

 M14:Special Day
 スターテイル(2013/07/13)より
  作詞:寺島拓篤 作曲・編曲:岩田アッチュ 歌:寺島拓篤

 M15:nightmare
 NEW GAME(2012/06/06)より
  作詞:寺島拓篤 作曲:森久保祥太郎 編曲:Devi
  歌:寺島拓篤 × 森久保祥太郎

 M16:シグナルグラフ(アニメ「恋と選挙とチョコレート」OP)
 シグナルグラフ(2012/07/25)より
  作詞:Annabel 作曲・編曲:myu 歌:Annabel

 M17:スモルワールドロップ(アニメ「RDG レッドデータガール」OP)
 スモルワールドロップ(2013/04/24)より
  作詞:Annabel 作曲・編曲:myu 歌:Annabel

 M18:FANTASTIC TUNE(アニメ「黒子のバスケ」#39-#50 ED)
 FANTASTIC TUNE(2014/02/26)より
  作詞・作曲・編曲:R・O・N 歌:小野賢章

 M19:TOUCH
 TOUCH(2014/06/04)より
  作詞・作曲・編曲:R・O・N 歌:小野賢章

 M20:divine intervention(アニメ「ウィッチクラフトワークス」OP)
 divine intervention
(2014/01/22)より
  作詞:林英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána
  歌:fhána

 M21:いつかの、いくつかのきみとのせかい(アニメ「僕らはみんな河合荘」OP)
 いつかの、いくつかのきみとのせかい(2014/04/30)より
  作詞:林英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána
  歌:fhána

 M22:雪、無音、窓辺にて。(アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラクターソング)
 涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.2 長門有希(2006/07/05)より
  作詞:畑亜貴 作曲:田代智一 編曲:上松範康
  歌:fhána

 M23:TRIBAL
 TRIBALISM ~sunrise side~(2014/05/28)より
  作詞:森久保祥太郎 作曲:三宅博文 編曲:井上日徳
  歌:森久保祥太郎

 M24:CHAIN REACTION
 CHAIN REACTION(2013/11/20)より
  作詞・作曲:森久保祥太郎 編曲:井上日徳
  歌:森久保祥太郎

 M25:OVERDRIVER(アニメ「RAIL WARS!」ED)
 OVERDRIVER(2014/08/20)より
  作詞・作曲・編曲・歌:ZAQ

 M26:激情論(アニメ「ハイスクールD×D NEW」OP)
 激情論(2013/08/21)より
  作詞・作曲・編曲・歌:ZAQ

 M27:Sparkling Daydream(アニメ「中二病でも恋がしたい!」OP)
 Sparkling Daydream(2012/10/24)より
  作詞・作曲・編曲・歌:ZAQ

 M28:Crystal Energy(アニメ「舞-乙HiME」#16-#25 OP)
 Crystal Energy(2006/02/22)より
  作詞・作曲:栗林みな実 編曲:飯塚昌明
  歌:栗林みな実

 M29:moving soul(アニメ「プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!」OP)
 moving soul(2014/07/30)より
  作詞:栗林みな実 作曲:桑原聖 (Arte Refact) 編曲:酒井拓也 (Arte Refact)
  歌:栗林みな実

 M30:STRAIGHT JET(アニメ「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」OP)
 STRAIGHT JET(2011/01/26)より
  作詞:栗林みな実 作曲・編曲:菊田大介
  歌:栗林みな実

 M31:WALK(アニメ「黒子のバスケ」#26-#38 ED)
 WALK(2013/11/13)より
  作詞:YORKE. 作曲:加藤肇 編曲:OLDCODEX、加藤肇
  歌:OLDCODEX

 M32:Dried Up Youthful Fame(アニメ「Free! 第2期」OP)
 Dried Up Youthful Fame(2014/07/30)より
  作詞:YORKE. 作曲:Ta_2 編曲:eva
  歌:OLDCODEX

 M33:Rage on(アニメ「Free!」OP)
 Rage on(2013/07/17)より
  作詞:YORKE. 作曲:Ta_2 編曲:下畑"Rio"良介
  歌:OLDCODEX × JAM Project

 M34:カタルリズム(アニメ「黒子のバスケ」#14-#25 ED)
 カタルリズム(2012/08/08)より
  作詞:YORKE. 作曲・編曲:R・O・N
  歌:OLDCODEX

 M35:鋼のレジスタンス(ゲーム「第二次スーパーロボット大戦Z 再世篇」OP)
 Sparkling Daydream(2012/05/23)より
  作詞・作曲:影山ヒロノブ 編曲:藤田淳平
  歌: JAM Project

 M36:Breakthrough(アニメ「ノブナガ・ザ・フール」#14-#24 OP)
 Breakthrough(2014/04/30)より
  作詞・作曲:影山ヒロノブ 編曲:須藤賢一
  歌: JAM Project

 M37:夢スケッチ(アニメ「バクマン。 第3期」#14-#24 ED)
 夢スケッチ(2013/01/30)より
  作詞・作曲:影山ヒロノブ 編曲:須藤賢一
  歌: JAM Project

 M38:VICTORY(ゲーム「スーパーロボット大戦MX」OP)
 VICTORY(2004/04/21)より
  作詞:影山ヒロノブ 作曲・編曲:河野陽吾
  歌: JAM Project × 栗林みな実

 M39:SKILL(ゲーム「第2次スーパーロボット大戦α」OP)
 SKILL(2003/04/23)より
  作詞:影山ヒロノブ 作曲:須藤賢一 編曲:河野陽吾
  歌:JAM Project

 E01:Starting STYLE!!(ランティス祭りテーマソング)
  作詞:畑亜貴 作曲・編曲:黒瀬克彦
  歌:出演者全員


 1日目を経験していますと、2日目は盛り沢山だった印象なのですが、これが通常のランティス祭り。長丁場でしたので、フードコートで飲み食いしつつ楽しみました。今回のセットリストを振り返ってみますと、基本的にアニメのオープニング、エンディングである曲が多いのですが、そのアニメをほとんど観ていないというね…。観ていた作品はというと、「花咲くいろは」、「僕らはみんな河合荘」、「ラブライブ!」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「中二病でも恋がしたい!」、「Free!」と数えられるほど。しかしながら、知らないなりにも、実力派アニソンシンガーのライブというものを堪能させていただきました。全組の感想を掲載しますと長くなりますので、1日目、2日目の中でピックアップして紹介したいと思います。


 1日目、nano.RIPE。浴衣姿で登場。日が暮れてきた頃で、背後から涼しい風が流れてきました。この情景と心地よい風に、nano.RIPEの楽曲がマッチしていて、夏のフェスに来ているんだなと実感し、2曲のみの披露でしたがもっともっと聴いていたいと感じさせる内容でした。


 1日目、ミリオンスターズ。この頃には、もうすっかり夜空という感じになりまして、サイリウムの光が綺麗に映る時間帯となりました。本来であれば、もっと早い時間帯の出番であったはずですので、この光景を見られたことはうれしかったでした。ランティス祭りではステージの両サイドに大型モニタが設置されていましたが、藤井ゆきよさんのアップがよく抜かれていたような気が。抜群に映りが良いので、そうする気持ち、分からなくもない!そして、いつもながらに楽しくなって動きが激しくなりすぎている渡部さんの姿も確認出来て、こちらも楽しい気持ちになりました。


 1日目、佐藤ひろ美さん。新田恵海さん、飛蘭さんが所属している株式会社Sの社長さん。登場の際に「社長!」と声をかけられていました。KOTOKOさんとのコラボの際に、佐藤さんを呼び出す前に、誰がコラボ相手なのかを会場に投げかけられ、そこでも「社長!」と声があがっていましたが、それに対してKOTOKOさんが「そう!ひろみん!」と、誰も「ひろみん」と言ってないのにも拘らず、そう返されていたのが面白かったでした。そんなひろみんこと、佐藤さんの声。いつまでも若々しくて、死語であろうとこの言葉が一番しっくりくるので使ってしまいますが『フレッシュ』なのです。聴いていてとても心地よい歌声で、正直言って「社長」にしておくのは勿体無いなと感じました。

 1日目、鈴村健一さん。観客を巻き込んでライブを盛り上げようという姿勢が見えて、こういうライブを普段からやられているんだなと感じることができました。会場内は鈴村さんのファンだけでない状況で、それぞれのファンを巻き込み、コールを促して一体感を作り上げたのは鈴村さんの人柄によるものでしょうか。素晴らしいパフォーマンスを見せていただきました。


 1日目、2日目、μ's。アニメ第1期にて「No brand girls」を披露した際に着ていた衣装で登場。この時点で何を歌うのか予想出来てしまいましたが、アニメ本編で野外にて歌われたこの曲を選曲するとは分かってるなあと思うばかりです。1日目は、メンバーが3名足りない状況でしたが、6名でのフォーメーションで歌のパート分けやダンスが構成されていました。ラブライブの2ndライブで南條さんが欠席でしたが、この際にはフォーメーションの変更はなく、南條さんがいない状態でそのままライブが行われていました。それが今回、元々9名で披露するものを6名で再構成するとは。レアなものが観られた1日目でした。MCの際、新田さんの穂乃果の声で「雨、やんだー!!」が聞けたのは不幸中の幸いの出来事でした。
 そして2日目。この日はEブロックというステージから遠い場所から鑑賞。肉眼ではほとんど見えない位置にいましたが、双眼鏡を使用したことで、Cブロック最前列ぐらいの感覚で見ることが出来ました。ただ、ずっと使っていますと腕が疲れますので、μ'sの出番以降はたまに使用するぐらい。OLDCODEXの出番の際に、YORKE.さんがステージ上で絵を描かれていたのですが、その際に使用。絵を黒く塗りつぶして、文字を浮き出していました。うん、芸術やね。(よく分かっていない。)


使用した双眼鏡。ちょっと大きいですが高性能。


 2日目、fhána。アニメ「ぎんぎつね」、「僕らはみんな河合荘」を観ていまして、その主題歌を歌われていたのでどの曲が来るかと思っていましたら、「僕らはみんな河合荘」のオープニングがきたのはうれしかったですね。そして、まさかの「雪、無音、窓辺にて。」。1日目にトリを飾られた茅原実里さんが長門有希として歌われた曲です。この曲を聴きますと、どうしてもこちらの方を思い出してしまうのです。




 2日目、JAM Project。JAM Projectのライブ映像を観る際には、福山さんがいつもの様に歌詞を忘れないかなとヒヤヒヤしながら観てしまうのですが、実際に歌詞を忘れるところを観ることが出来てしまいました。これには、良かったというかなんと言いますか複雑な気分。そんな気分になりつつも、最後にはあの最高に盛り上がる曲「SKILL」を生で聴くことが出来ました。もう何が来ても勝つことが出来ない最強な感じ。これを聴かずしてランティス祭りは終われないでしょう。この曲の後にアンコールがあったのですが、「SKILL」にかけてか、「アンコール!」の掛け声が、途中から「motto!motto!」に変化。アンコールとしてランティス祭りのテーマソングである「Starting STYLE!!」が出演者全員で歌われたのでした。良い曲ですね。CD物販で3,000円以上購入するとこの曲のPVビデオが貰えたのですが、JAM Projectのベストアルバムを購入してそのビデオをゲットしました。



■東海両日参加に続いて、関西2日目も参加

 元々1日目のみ参加のつもりでしたが、1日目が時間短縮で若干消化不良気味になったこともありまして、予め2日目のチケットも手に入れておいて正解でした。今後、関西2日目も参加する予定で、舞台を変えてのランティス祭りがどうなることか今から楽しみです。





■おまけ

 事前にランティス祭りのパンフレットを購入。そのパンフレットに、ランティスタンプブックという、スタンプが押せるミニ冊子が付録されていました。せっかくなのでスタンプを押してみることに。基本的に1組1スタンプが用意されていたのですが、OLDCODEXだけ2つスタンプが用意されていました。人気があるのでしょうね。間違えて2回スタンプを押してしまいましたよ…。




 ランティス祭りのフードコートで一番人気があったのは、ランティスオフィシャルフード「エルカフェ」。市販のポテトチップスにスパイスを、ミニドーナッツにホイップクリームをトッピングしたものや、ソフトドリンクを販売。この内容からして、これが500円以上もするのか…と思ってしまうものなのですが、皆さんのお目当てはこれらのフードの容器であるカップ。こちらにシールが張っていまして、それを剥がすと数十種類あるアーティストプロマイドがお目見えするというものなのです。記念品として人気があった訳ですが、この記念をどう持ち帰るかが悩みどころ。

 1.カップごと持ち帰る
 2.カップを写真にとる
 3.カップからプロマイドを剥がしとる

 1の方法はかさばるのでやめておきました。2が一番良い方法だと思います。ただし、カップなので湾曲しているので、綺麗に撮影するのが難しい。ということで、3を試してみました。剥がすことを前提にしたものではないので、粘着性が高くとても剥がしづらかったです。無理やり剥がそうとすると、綺麗にはがれなかったり、力を強く入れるとカップが割れてしまうので、これはやめたほうがいいです。カップの状態で撮影し、記念に残すのがベストだと思います。