HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

アイドルマスターの歴史を振り返ってみるブログです。

【レビュー】PS VITA TVで改めてプレイ『アイドルマスターSP』

 2013年11月14日に、携帯ゲーム機であるPS VITAのゲームがテレビで楽しめるPS VITA TVが発売されましたので早速購入してみました。とても小型なゲーム機で、名刺入れぐらいのサイズ。これ1台で、PS VITA、PSP、PS1、PCエンジンのゲームや、音楽、映像、書籍等々のコンテンツが楽しめます。(残念ながら生産終了)

 
 PS VITA TVを起動するとPS VITAと変わらない画面が。グラフィックインターフェイス自体は変えずに、コントローラで操作ができるようになっています。タッチパネルで操作するPS VITAを先に触っていましたので、コントローラで操作することに違和感を感じましたが、これは操作していくうちに慣れるでしょう。

 コントローラはPS3のものがそのまま使用可能。日本製と間違えて購入してしまった海外製のコントローラが家に転がっていましたので、それをPS VITA TV用のコントローラとしました。他にも用途別のコントローラを持っているのですが、残念なことにこれらは接続できず。もちろん、レースゲーム用のステアリングコントローラも。今後、対応してくれるかもしれませんが、現状では使用できないようです。これでは『ハンドルでアイドルマスターSPをプレイしてみた』ができない…。いや、むしろできなくてよかった。ということで、『PS VITA TVでアイドルマスターSPをプレイしてみた』です。


タイトル:アイドルマスターSP PSP the BEST
ハード:PSP ジャンル:アイドルプロデュース
発売日:2010年1月28日 価格:2,800円

アイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the Best

アイドルマスターSP パーフェクトサン PSP the Best

 



 アイマスSPには、プロデュースできるアイドルがそれぞれ異なる3バージョンがあるのですが、今回プレイしてみたのは、天海春香菊地真高槻やよいがプロデュースできる『パーフェクトサン』です。

 PS VITA TVでアイマスSPをプレイするには、プレイステーションストアで、ゲームのデータを購入する必要があります。価格は2,800円。プレイステーションストアで販売されているソフトのUMDディスクを所持している場合、価格が割安になる『UMDパスポート』というサービスがありますので、それを利用しようかと思ったのですが、バンダイナムコゲームスのゲームはそれに対応していないという罠…。その昔、3バージョンをまとめて予約購入した覚えがありますが…て、定価で買い直しましたよ!



 アイマスSPは、アーケード版アイマスの開発を行ったメトロというゲーム会社が開発を担当しました。ディレクターを担当したのもアーケード版のディレクターであるディレ1こと石原さんですので、アーケード版の正当な続編?いやリメイクというべきですか。

 Xbox360版でもそうでしたが、アーケード版から使用されている音声が引き続き使用され、SPで追加されたストーリー部分には、新規録音された音声が使用されています。さすがに、アーケード版の音声とSPの音声では収録時期が離れすぎていますので、この音声の切り替わり部分では違和感を感じてしまいます。この音声の違和感を一番感じてしまうのはやはり双海亜美/真美役の下田さんでしょうか。アーケード版の頃の声はとても幼く、まだ役者として右も左も分からないといった頃に収録された音声でしょうから無理もないです。この件については、統一性のない音声と言ってしまえばそれまでですが、この違和感を逆に楽しむのもまた一考。昔は昔で初々しさが、今は今で演技力の向上が垣間見える。そう考えますと、アーケード版から現在にさかのぼって音声を聴き比べてみるのも面白いかもしれません。

 VITA TVでせっかくプレイしますので、そのあたりの感想も。グラフィックに関してですが、PSPサイズで作られたものを無理やり引き伸ばしていますので、画面が滲んで見えるのは仕方なしというところでしょうか。あと、キャラクターの輪郭部分のジャギーが強く、ギザギザ感があります。VITAにはこれを抑えるバイリニアフィルタリングという機能があったのですが、VITA TVにはその機能が無いようです。仕方がないのでこのままプレイすることに。担当アイドルはメインヒロインの天海春香に決定。ここで芸名が付けられるのですが、そのままでいきましょう。そのままで。


 久しぶりにアイマスSPをプレイしてみると、思いのほか初心者向けに作られていたのだなと感じました。Xbox360版には登場しなかった事務員の音無小鳥さんがゲームを進める上でのアドバイスをくれますし、アイマスのゲームの肝とも言えるオーディションに関しては、ゲームシステムについて詳しく説明が入ります。なかなか難しいシステムですので、説明書も読まずにプレイしても、よく分からないままオーディションが終わってしまうでしょうから、家庭用ゲーム機用としては必要不可欠な追加要素であったと思います。(Xbox360版には無かったでしたが)




 PSPの特性を生かして、TV出演シーンでは縦カメラでの映像も見ることが可能となっています。小さなPSPの液晶でも、本体を縦にすることでアイドルの全身を映し出すことができるというものなのですが、VITA TVですと、縦置きできるモニターでないとその恩恵は受けられません。しかしながら、首をかしげて見れば大画面で縦画面が楽しめますよ!なんだか首が痛くて仕方ないですけど楽しめますよ!

 PS VITA TVでアイマスSPをプレイしてみましたが、さすがにグラフィック面はXbox360版に劣るものの、ライバルとして、961プロのアイドル、星井美希四条貴音我那覇響が登場するゲームというのは、今となってみれば面白いものだと思います。アイマス2やアニメからアイマスを知った方が、このゲームをプレイされると、パラレルワールドとしてアイマスSPが楽しめるのではないでしょうか。先にSPをプレイしていると、逆にアイマス2やアニメがパラレルワールドとして感じることもあると思います。同じアイマスでも、作品ごとに世界線が少しずつ違うので、最初に触れた世界線によって、人それぞれ見え方、捉え方が変わってくるという訳です。同じような世界観でずーと続いてきたコンテンツだからこその楽しみ方があるのではないかと大変興味深く思うのでした。

【レビュー】ゲームとは異なるリセットされないリスタート『アイドルマスター relations』

 

 
 上田夢人さんの『アイドルマスター relations』(全2巻)。この作品が連載開始されたのが2007年、Xbox360版『アイドルマスター』が発売された頃となります。アイマスのゲームに準じた作品で、作者である上田さんがアーケード時代からのアイマスファンであるということもあり、アイマスを知っている人が見れば、原作のネタはもちろんのこと、ニコニコ動画から生まれたようなネタ(リッチャンハカワイイデスヨ等)まで、作中に散りばめられていることがよく分かると思います。そういった、ファンにしか分からないようなネタが使用されていますので、アイマス公式の作品ではありますが、アイマスの同人誌的な印象を受けました。ファンによるコミカライズ作品であることが、読んでいて強く感じられました。

 ライバルキャラクターとして、東豪寺プロ所属のアイドルユニットである魔王エンジェルが登場。ゲームをプレイしていると分かるのですが、魔王エンジェルとは、ゲーム中に名前だけ登場するNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の名称です。名前だけのキャラクターが具現化されている点は、こんなキャラクターだったのかと、原作ファンにとっては面白い発見でした。原作のちょっとしたネタを膨らませる、こういった発想が同人誌的だなと感じさせるのかもしれません。

 既にトップアイドルとして活躍している如月千早。そんな千早に憧れる新人アイドル星井美希。美希を担当するプロデューサーは、かつて千早のプロデューサーであった。そんな関係性を軸に物語は展開されます。この3人以外の765プロの面々ももちろん登場するのですが、美希・千早にスポットが当てられていますので、脇役の感は否めません。しかしながら、脇とは言えど、それぞれ個性を発揮していますので、その辺りはさすがアイマスファン、抜け目がないなと感心。

 既に千早はプロデュース済みで、プロデューサーにとって美希はリスタートであるというところは、ゲームを踏襲した設定だなと感じました。ただゲームと異なるのは、過去がリセットされていないところ。プロデュース後の千早はトップアイドルとして存在し、プロデューサーは過去の失敗(プロデュースの断念)を引きずっているという状況が残っているのです。この状況を踏まえた上でのリスタート。ゲームでは描かれていない過去に続く未来が描かれている点は、とても興味深く感じました。美希ファン、千早ファンでなくても、アイドルマスターというゲームが好きな方にオススメの1作です。

【レビュー】シャイニーTVをプレイするのに最適なコントローラは『アイマスチャンネル・シャイニーTV』

 2013年10月2日より『アイマスチャンネル』(無料)が配信開始されましたので、早速ダウンロードしてみました。とりあえず、『アイマスチャンネル』(無料)のみでどれだけのことが楽しめるのかを試してみましたが、リズムアクションゲーム『シャイニーTV』であれば、『We Have A Dream』の『REGULAR』(難易度:普通)までのプレイと、グラビア撮影ソフト『グラビアフォーユー!』であれば、選択できるアイドルは天海春香のみで、写真の保存はできないといった具合でした。

 その他のコンテンツについても触れておきます。ギャラリーについては、一定期間内に設定された日数をログインすることでもらえる画像が追加されていくというもので、毎日プレイする動機付けが感じられる要素。ニュースについては、ダウンロードコンテンツの配信情報が箇条書きで掲載。アイマス関連の情報を公式ブログの様に発信していくものかと思っていたのですが、アイマスチャンネル内のコンテンツ追加情報を掲載するのみの様です。




 上の画像がアイマスチャンネルのメイン画面となるのですが、あらかじめ選択したアイドルがゲーム開始時に、時間に合わせた挨拶をしてくれます。各コンテンツの説明文もアイドルによって異なります。こういった仕様は、プレイヤーの好みで変更出来て良いです。

 所詮、無料でできることはこれぐらいだとあきらめて、ダウンロードコンテンツを購入することに。真美大絶賛の『ミニアルバム01 "Flower" 春香フレンズ』(1,500円)と『ミニアルバム02 "Cheer" やよいフレンズ』(1,500円)、合計3,000円お買い上げ!

■ミニアルバム01 "Flower" 春香フレンズ 収録曲
・待ち受けプリンス(765PRO ALLSTARS)※新曲
・乙女よ大志を抱け!!(春香)※ハニーサウンド収録曲
GO MY WAY!!(春香、千早、律子)※ハニーサウンド収録曲
・Kosmos, Cosmos(雪歩)※グルヴィーチューン収録曲
・MUSIC♪(765PRO ALLSTARS)※シャイニーフェスタ収録曲
・太陽のジェラシー(春香、真美、響)※初収録曲

■ミニアルバム02 “Cheer” やよいフレンズ 収録曲
・待ち受けプリンス(765PRO ALLSTARS)※新曲
・キラメキラリ(やよい)※ファンキーノート収録曲
・きゅんっ!ヴァンパイアガール(やよい、伊織)※ファンキーノート収録曲
・約束(千早)※ハニーサウンド収録曲
・READY!!(765PRO ALLSTARS)※シャイニーフェスタ収録曲
・愛 LIKE ハンバーガー(やよい、律子、美希)※初収録曲

 それぞれの収録曲は上記の通りです。『シャイニーTV』用の新曲『待ち受けプリンス』がどのミニアルバムにも収録されていますので、ミニアルバムをどれか1つ購入していれば、2つ目以降に追加される楽曲は5曲となります。今回2つ購入しましたので、追加された楽曲は11曲となります。(始めから収録されている『We Have A Dream』を含めると合計12曲)基本的には、このゲームの基となったPSP用ゲームソフト『シャイニーフェスタ』の収録曲が多いものの、新たに製作された、新曲『待ち受けプリンス』+初収録曲1曲がミニアルバムごとに収録されています。

 『待ち受けプリンス』については、765プロ全員で歌っている曲となっています。ただ単に全員で曲を歌っているのではなく、各アイドルの個性に合わせたパート分けをされて歌われているので全員曲としての魅力を感じます。こういった曲が生まれたのは、全員がステージに立つことを前提に作られたこのゲームだからこそですね。




 ゲームとしては、左右から移動してくるアイコンが、中央の丸い部分に重なる瞬間にタイミングよくボタンを押せばOKという単純なゲームです。使うボタンが少なく、左からのアイコンを叩く場合には、コントローラの左側のボタンを、右側の場合はその逆の操作となります。応用として、左右のアイコンが同時に中央に重なった場合には、左右の同時押し。アイコンの後に棒線が続いているものについては、棒線が消えるまでボタンを押し続けるといった操作が必要となります。




 収録された楽曲が遊べるステージモードの他に、シャイニーTVモードというものがありまして、こちらでは、指定された楽曲・ルールでプレイし、設定された得点以上を出せばクリアといった内容となっています。中にはライバルとの対戦もあり、『ミリオンライブ!』のアイドルがライバルとして登場します。(※『ミリオンライブ!』のアイドル達の音声は収録されていません)

 最初から選べる5ステージについては、一番簡単な難易度『DEBUT』から好きに選べるのですが、最終的には最高難易度である『MASTER』しか選べず、音ゲーが苦手な方はステージが進めば進むほどクリアがつらくなってくるものと思います。自分も例に漏れず、『PRO』まではなんとかなるものの、『MASTER』はさすがにつらく、クリアするには何度もチャレンジして、譜面を覚えるしかなさそうです。




 PSPでプレイしていた感覚と何かが違う。遅延の問題なのかと、タイミング調整してみてもなんだかしっくりこない。そこで、PSPで『シャイニーフェスタ』を改めてプレイしてみたところ、こちらの方がボタンの反応が良い。これはボタンの問題なのかなと考え、家にあったコントローラをそれぞれ試してみることにしました。

 

ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK3) ブラック
 

 まずは、amazonで誤って購入した海外製コントローラです。日本製コントローラと見た目は変わりませんが、アナログスティックで繊細なコントロールが出来ず、使い物にならなかったので放置していたものです。このコントローラで操作してみましたが、日本製コントローラよりクリック感が少々固い感触。連打にも向きそうありません。

 

【FPSコントローラー】FPS アサルトパッド 3

【FPSコントローラー】FPS アサルトパッド 3

 

  お次はHORI製コントローラ『FPSアサルトパッド3』です。自分自身、FPSはあまりプレイしないものの何故か家にあった代物です。FL、FRボタンで操作するとそこそこクリック感があるので良いかなと思ったのですが、返りが遅めなので連打には向きませんでした。

 

ロジクール ドライビングフォース GT(LPRC-14000)

ロジクール ドライビングフォース GT(LPRC-14000)

 

  ロジクール製ドライビングコントローラ『ドライビングフォース GT』(LPRC-14000)です。大物がきましたよ!大物が!PS3と繋げた途端に、ハンドルが調整の為に大きな音を立てて動き出しますよ!

 一応コレでも操作できるので試してみましたが、やはりダメでした…。ボタンのクリック感は好きなのですが、連打向きではありません。レースゲームに連打なんて必要なかったことを改めて気付かされました。試しに、アクセル・ブレーキペダルでプレイしてみましたが、なんですかこの上級者プレイ、もう2度と使いません。

SCE公式ライセンス商品 ファイティングスティックmini3 ブラック

SCE公式ライセンス商品 ファイティングスティックmini3 ブラック

 

 HORI製格闘ゲーム用コントローラ『ファイティングスティックmini3 ブラック』です。家にあるコントローラの中では一番操作しやすかったです。L1、R1ボタンがすぐ隣に丸い形のボタンとして配置されていますので、片手でも操作可能。連打もそこそこ対応できています。ただし、L1、R1ボタンが逆に配置されていますので、このゲームで使用するには逆向けにして操作する必要があります。


 コントローラをいろいろと試してみたものの、改めて本来のコントローラでプレイしてみたところ、普通にプレイできてしまったので、どうも慣れの問題だったようです…。実際に別売りのコントローラを使うのでしたら、HORI製『初音ミク -Project DIVA- F 専用ミニコントローラ』が良いのではないかと思われます。PS3の標準コントローラでしっくりこない方はこちらをどうぞ。ちなみに、レーシングコントローラは全くオススメできませんので悪しからず。

初音ミク -Project DIVA- F 専用ミニコントローラ (通常版)

初音ミク -Project DIVA- F 専用ミニコントローラ (通常版)