HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

アイドルマスターの歴史を振り返ってみるブログです。

【イベントレポート】「空色メロディ」からの「毒茸伝説」に唖然『デレラジ公開録音 サマデレ2014』

■イベント詳細

 デレラジ公開録音「サマデレ2014」
 開催日:2014/06/29 開場15:00 開演16:00
 会場:日比谷公会堂大ホール(東京都) 料金:6,500円
 出演:大橋彩香(島村卯月役)・福原綾香(渋谷凛役)
    佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)・松井恵理子(神谷奈緒役)
    大空直美(緒方智恵里役)・松田颯水(星輝子役)

 ・ファミ通「爆笑コントやスイカ割りがくり広げられた『デレラジ』公開録音」
 ・4Gamer.net「スイカ割りからコント,ライブまでなんでもあり」
 ・Gamer「ラジオ公開録音「サマデレ2014」の模様を紹介」



■「デレラジ」公開録音に参加。「うずパカ」品切れも、パンフレットは確保。

 アイドルマスターシンデレラガールズのラジオ番組「デレラジ」の公開録音イベントに参加してきました。11時前に東京に到着し、皇居を横目に会場である日比谷公会堂大ホールへ。当日は日曜日でしたので、のどかなものでした。道中の日比谷公園内ではベンチに座ってくつろいでいる人やランニングされている人が見受けられ、公園内の施設では結婚式が行われていたりと、様々な休日の過ごし方を見ながら歩いていました。しばらくして、会場に到着すると物販に並ぶ列を発見。パンフレットだけ買おうと考えていたのですが、早めに来ておきながら、後から戻ってみたら売り切れなんて辛すぎるので列に並ぶことにしました。結果、パンフレットは余裕で購入できたものの、物販スペースに入る前に、キーホルダーのセット購入の特典であった「うづパカ」キーホルダーが品切れになりました。これを目当てにされていた方も多かったと思われますが、12時前がタイムリミットでした。ちなみにパンフレットも後に売り切れてしまったようです。予め購入しておいて正解でした。


 サマデレ2014 フォトブックパンフレット
 全14ページ 価格:2,000円
 ページ数は少ないものの、写真が数多く掲載。メガ
 ネをかけている福原さんのショットなんてのも。

 1P.いらっしゃいませ!プロデューサー!
    パーソナリティー3人の集合カット
 
 2P.プロデューサーさんへのメッセージ
    出演者からのメッセージ

 3-14P.出演者6名の紹介
    Q&Aと、パーソナリティーの場合は、ゲス
    トからのコメント、ゲストの場合はパーソナ
    リティからのコメントを掲載




■会場近くにある野外音楽堂はアイマスに関わりの深い場所

 食事やらなんやらを済ませて15時頃に再び会場へ。この時間、会場の近くにある野外音楽堂では、ライブイベントが行われていましたので、日比谷公園内ではそのライブの音が鳴り響いていました。野外音楽堂といえば、ゲームのアイマスでは、天海春香さんが発声練習をしていたところです。アニメ6話では、真と美希がダンスを披露。この日比谷公園、何気にアイマスと関わりの深い場所であったりするのです。





 開演まで時間がありましたが日比谷公会堂大ホール内へ。自分の席は2階席だったのですが、これがかなり急勾配な作り。そして席の幅が狭い。外から建物を見ますと、これで2000人規模が入る大きさなのかなと思っていたのですが、中を見たことで、そういうことかと納得でした。古い建物である為か、2階席では立ち上がらないようにという注意が前もってありました。今回のサマデレでは2階席はもちろん1階席についても座る形式でライブが行われました。スタンディングでないと雰囲気が出ないと思われる方も多いかと思いますが、どちらかというと自分は出演者のパフォーマンスをじっくり観たい人なのでこれには大歓迎。座ってゆったりとライブを楽しむのも良いものです。(座席が広ければなお良し!)





■イベントの詳細についてはファミ通等のリポートを読むといいよ

 開演前の15時45分頃に、福原さんの場内アナウンスが入ったのですが、早々にタイトル読みで噛むというアクシデント発生。その後、開演予定時間を過ぎてからの大橋さんの場内アナウンスを挟んで、15分遅れでサマデレ2014が開演しました。公開録音の詳しい内容については、ファミ通等のリポートを読んで頂くとして、イベントに参加しての感想をまず述べますと、公開録音パートでは思いのほか笑わせて貰えましたし、ライブパートは、今年4月に開催されたシンデレラガールズの1stライブの続きと思わせてくれる内容で大満足なイベントでした。印象に残った点をいくつかピックアップして紹介していきます。



■関西勢と標準語勢に分かれてのコント対決が何故だか「ヘゴ1グランプリ」に

 公開録音パートの最後のコーナーとして、大空さんたっての希望で、関西勢(佳村、大空、松田)と標準語勢(大橋、福原、松井)に分かれてのコント対決が行われました。関西勢は吉本新喜劇のお話の流れであったり、往年のネタであったりが、うまく表現された内容になっていまして、その出来に感心しました。大空さんが佳村さん演じる地上げ屋相手にキレた後、「あ~怖かった!」と未知やすえ姉さんのネタでオチがついたのですが、ここでのネタのチョイスが島田珠代姉さんのネタでなくて、心のそこから安心しました。

 標準語勢のコントは「ヘゴ病患者」。ヘゴ病は空気感染するそうで、最終的にみんながみんなヘゴ病患者になってしまうというカオスな内容でした。これは、大橋さんが共演者の方からよく物真似されることを基にしたコントだったのですが、このコントから転じて、誰が一番大橋さんの物真似が似ているかという展開に突入。誰が一番似ているかを会場の拍手の数でジャッチされたのですが、大空さんへの拍手の数が多く、本人である大橋さんには誰も拍手しないという美味しい展開でコント対決は幕を閉じたのでした。



■「空色メロディ」からの「毒茸伝説」に唖然

 ライブパートについてですが、1stライブの衣装で登場されました。1stライブに出演されていなかったメンバーについては、1stライブの衣装を基本として、それぞれの役にあったアレンジが施されていました。松田さんが一番見た目にわかりやすいアレンジで、袖が黒になっていました。1stライブはライブビューイングでの参加で、実際に観ることが出来ませんでしたが、まさかここで1stライブの続きのような感覚で、ライブを楽しめることができるとはうれしいサプライズでした。

 ライブの感想について。出演者全員での「お願い!シンデレラ」から始まり、続いてソロ曲を披露。既にライブで歌われている曲から先に歌われて、今回初披露となった「風色メロディ」と「毒茸伝説」ときて、新曲「メッセージ」。最後は「ススメ☆オトメ」で締めくくられました。それにしても、「空色メロディ」からの「毒茸伝説」。この天国から地獄へ突き落されるセットリストが成立するのはシンデレラガールズならではですね。(そうなのか?)

 パーソナリティの3人のソロ曲である「S(mile)ING!」、「TOKIMEKIエスカレート」、「Never say never」はもう何度も聴いていますが、ライブで聴く度にそれぞれの曲が好きになっていくようで、ますます思い入れが強くなってきました。これは、曲の良さもそうですが、3人の成長と共に曲もまた成長しているからだと思います。以前であれば、緊張しているのが見て取れて、見ているこちら側もまた緊張してしまうこともありましたが、自信を持って楽しそうに歌う3人の姿がステージ上で見られました。デレラジが始まってまだ2年も経っていないのですが、この成長ぶりに不覚にも感動し、涙目に。

 そして、ゲストの3人について。松井さんについてはまだ2回目のライブで、大空さん、松田さんについては初ライブとなったのですが、皆さん、既にライブを楽しめる段階にあったのが凄いなと感じました。松井さんは2回目のライブでしたが、最後にコールを要求されたのが印象的でした。(ダンスの腰の動きもまた印象的でしたが…)これは余裕があったというよりも、テンションが上がったからという感じだったでしょうか。続いて大空さん。コントのコーナーでキレ芸を披露した人とは思えない、穏やかな表情で「風色メロディ」を歌われていました。なんだこのギャップ、良いではないか!そして、その後が「マッシュアップ!!」の松田さん。「毒茸伝説」を披露されましたが、アイマスでメタル系という、LindaAI-CUEこと石川さん、「またやってくれたのか、やっちゃったのか」という異色作。会場の盛り上がりは最高潮になったものの、「なんだこれは?」と若干思ってしまった自分をお許しください。



■キービジュアルを尻目に東京を立つ悔しさたるや

 ライブコーナー後、様々な発表がありまして、石原総合ディレクターであったり、アニプレックスの高橋宣伝プロデューサーが登場するなど、ここでも大盛り上がり。最終的には2時間半ほどのイベントとなりまして盛り沢山の内容でした。終演後、舞台に置かれた、アニメのキービジュアルが撮影できたのですが、帰りの時間の都合で撮影せずに泣く泣く会場外へ。すると、外は雨が降っていました。雨が降るという情報は知っていたものの、傘を持ってくるのを忘れていたもので、雨に濡れながら走って駅へ直行。東京をあとにしたのでした。

 ラジオの公開録音イベントでしたが、ただの公開録音に収まらない、色んな物を見せてくれたイベントで、思っていた以上に楽しめました。アニメの放送を来年に控えるシンデレラガールズ。今後も様々なイベントが行われるようで、これからも楽しませてくれそうです。以上、「サマデレ2014」イベントレポートでした。




ーおまけ1ー

 出演者の皆さんのライブ前、ライブ後の感想をまとめてみました。感想が掲載されたブログ、ツイッターであったり、感想が話されたラジオ番組の情報を掲載。


■大橋彩香さん(島村卯月役)の感想
公式ブログ「◎ サマデレ2014。」
・ラジオ番組「デレラジ」(14/07/02)


■福原綾香さん(渋谷凛役)の感想
・ラジオ番組「デレラジ」(14/07/02)
・ラジオ番組「アイマスタジオ」(14/07/04)


■佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)の感想
公式ブログ「☆サマデレ2014★」
・ラジオ番組「デレラジ」(14/07/02)
・ラジオ番組「アイマスタジオ」(14/07/04)


■松井恵理子さん(神谷奈緒役)の感想
公式ブログ「キラキラの指先で。」
公式ブログ「サマデレありがとうございました!!」
公式ブログ「Hot Summerのはじまりに。。。」
Twitterまとめ


■大空直美さん(緒方智恵里役)の感想
Twitterまとめ
・ラジオ番組「めっちゃすきやねん」(14/07/04)


■松田颯水さん(星輝子役)の感想
公式ブログ「【さつみ】☆サマデレ2014☆」
Twitterまとめ
・ラジオ番組「めっちゃすきやねん」(14/07/04)


ー 出演者以外の感想 ー

■杜野まこさん(姫川友紀役)の感想
公式ブログ「日比谷公会堂 潜入〜☆」
Twitterまとめ


■阿部里果さん(真壁瑞希役)の感想



■松田利冴さん(松田颯水さんのお姉さん)の感想
Twitterまとめ


■伊達朱里紗さん(「咲-Saki- 全国編」で佳村、松田と共演)の感想



■篠崎高志さん(「デレラジ」構成作家)の感想
Twitterまとめ


■田中文啓さん(ブシロード 営業本部副本部長)の感想




ー おまけ2 ー

■セットリストについて(全9曲)

 M01:お願い!シンデレラ 披露数:24回目
 CINDERELLA MASTER お願い!シンデレラ(2013/04/10)より

 作詞:marhy 作曲・編曲:NBSI(内田哲也)
 歌:出演者全員

 M02:S(mile)ING! 披露数:15回目
 CINDERELLA MASTER 010(2012/08/08)より
 作詞:NBSI(八城雄太) 作曲・編曲:NBSI(Yoshi)
 歌:大橋彩香

 M03:2nd SIDE 披露数:2回目
 CINDERELLA MASTER 027(2014/04/30)より

 作詞・作曲・編曲:ESTi
 歌:松井恵理子

 M04:TOKIMEKIエスカレート 披露数:12回目
 CINDERELLA MASTER 009(2012/08/08)より
 作詞:marhy 作曲・編曲:NBGI(内田哲也)
 歌:佳村はるか

 M05:Never say never 披露数:17回目
 CINDERELLA MASTER 001(2012/04/18)より
 作詞:NBGI(遠山明孝、八城雄太) 作曲:NBGI(遠山明孝) 編曲:関淳二郎
 歌:福原綾香

 M06:風色メロディ 披露数:初披露
 CINDERELLA MASTER 023(2013/11/13)より
 作詞・作曲・編曲:NBSI(トリ音)
 歌:大空直美

 M07:毒茸伝説 披露数:初披露
 CINDERELLA MASTER 026(2014/04/30)より
 作詞:BNSI(LindaAI-CUE)、桜アス恵 作曲・編曲:BNSI(LindaAI-CUE)
 歌:松田颯水

 M08:メッセージ 披露数:初披露
 CINDERELLA MASTER We’re the friends!(2014/07/30)より
 作詞:遠藤フビト 作曲・編曲:滝澤俊輔(TRYTONELABO)
 歌:大橋、福原、佳村

 M09:ススメ☆オトメ ~jewel parade~ 披露数:6回目
 CINDERELLA MASTER jewelries! 001(2013/09/25)より
 作詞:貝田由里子 作曲・編曲:田中秀和
 歌:出演者全員