HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017

アイドルマスターの歴史を振り返ってみるブログです。

【イベントレポート】学園祭をテーマにした、2年振りのミリラジ公開録音イベント『MILLION RADIO! SPECIAL PARTY 03 DAY PARTY』

■イベント詳細

 THE IDOLM@STER MILLION RADIO! SPECIAL PARTY 03
 〜Dreaming! for the NEXT!〜 DAY PARTY

 開催日:2016/11/20 開場14:30 開演15:30
 会場:川崎教育文化会館(神奈川県) 料金:4,900円
 出演:山崎はるか(春日未来役)、田所あずさ(最上静香役)、
    麻倉もも(箱崎星梨花役)、原嶋あかり(中谷育役)、
    稲川英里(大神環役)、渡部恵子(周防桃子役)

 ・出演者感想まとめ


 ミリラジ公開録音イベント3回目にして、ようやくの初参加。なんとかチケット一般販売で最後列の席がギリギリ手に入りましたので、双眼鏡を持って会場へ。2階席の最後列でしたが、双眼鏡が役立ち、ステージの様子が確認できました。大きなスクリーンがステージ上にありましたので、双眼鏡が無くとも問題なし。ステージのすぐ側にはカメラ用のレールが。他にもカメラが複数台用意されていまして、これは映像に力を入れているなと感じたのでした。


■今回の公録は学園祭をテーマにした内容に

 テーマソングが流れて出演者登場。まずは、パーソナリティである山崎さん、田所さん、麻倉さんが登場し、自己紹介。このとき、スクリーンにはライブイベントと同じく、出演者と共に演じるキャラクターの絵と名前が表示されました。続いて、『ミリラジまえのり』で結成されたユニット『あかいなべ』の原嶋さん、稲川さん、渡部さんが登場。衣装は、前回の公録と同様に学生服をモチーフとしたもの。今回の公録は学園祭をテーマにしているということで、いつものミリラジとは異なり、出演者それぞれが担当する企画が行われる形でした。


■美術部企画展示(担当:原嶋さん)

 最初の企画は『美術部企画展示』。この企画の担当は美術部部長の原嶋さん。2つのボックスから、お題とシチュエーションが引き、その内容を描くというもの。決まったお題は『野球をする象』。5人が描き始め、部長である原嶋さんはそれぞれの出来を確認していたのですが、座っている麻倉さんの横に原嶋さんが立った際に、「ぽぽちゃん(原嶋さん)、立ってても変わらないね~」と、天真爛漫に失礼なことを言い放つ麻倉さん。確かに、身長差はあまり感じられなかったのでした。

 時間になり、それぞれ発表。麻倉さんを除く4人は、象のバッティングかピッチングをする状況を描いていました。印象的であったのが稲川さん。何故か太眉を生やしているダンディな象が、躍動感のあるバッティングをするシーンを描いていました。絵がうまい。そして、その絵のすぐ横で稲川さんがダンディな象の顔真似を。さすがの顔芸披露でした。気になる麻倉さんですが、彼女だけは野球盤の様な絵を描いていまして、全体図になっていました。遊撃手が描かれていなかったので、阪神さん(渡部優衣さん)がいれば、そこをつっこんでいたことでしょう。あと、象がミジンコに見えたような…。この企画は対決コーナーではないので、評価付けは無く、終了。対決コーナーであれば、稲川さんに票が集まったのではないでしょうか。


■模擬店(担当:渡部さん)

 『模擬店』。こちらは対決コーナー。ホットケーキにトッピングをして、渡部さんが実際に食べてジャッジ。一番おいしかったものを作られた方にはご褒美が。このコーナーではエプロンが着用されました。ちなみにホットケーキは桃子が好きな食べ物だと、渡部さんが説明されていました。ホットケーキと共に、トッピングで使用する食材がステージに運ばれてきたのですが、それを普通に食べ始める出演者たち。こういうことをするのは麻倉さんだけかと思いきや、田所さんや稲川さんも生ハムをムシャムシャ食べていたのでした。さらには、キャビアを見つけてテンションが上がる面々。麻倉さんが原嶋さんに、キャビアを食べさせてあげていました。原嶋さんの方が年上なのに、何故だか麻倉さんが可愛がっている形になるという不思議。肝心のトッピングについてですが、山崎さんは、真面目にクリームとチョコレートでトッピング。田所さん・原嶋さんも同じく真面目に。そして、他の2人は…。稲川さんはワサビを。麻倉さんは、前もってパクチーが苦手だと渡部さんが宣言されていたのにも拘らず、パクチーを当たり前の様に使用したのでした。(話を聞いていない)結果、原嶋さんのホットケーキが一番おいしいということになったのですが、コーナーを締めた後に、そのまま1人舞台裏に捌けてしまう渡部さん。ワサビ、もしくはパクチー、どちらが効いたのやら。さらには食材が並んだテーブルも舞台裏へ。それに付いていきそうになる麻倉さんでした。

 次の企画に行く前に、ステージ上でエプロンを脱ぎ始める皆さん。山崎さんが、腕をくぐらせて上から脱ぐのではなく、脚をくぐらせて下から脱ぐものですから、脚を上げる必要があるので、なんだか良かったですね。(何がとは言わず)


■お笑い研究会(担当:稲川さん)

 『お笑い研究会』の企画では、『あかいなべ』(原嶋・稲川・渡部)、『ぴょんころもち』(山崎・田所・麻倉)に分かれて、コントと漫才を披露。『あかいなべ』のコントは、3rdライブ大阪公演で行われた新喜劇の様に、台本を持った形で行われました。始まる際のジングルが、3rdライブの時と同じものだったような。ここで渡部さんがエプロンを着たまま母親役として再登場。原嶋さんはその娘役。稲川さんが訪問販売員として、赤い鍋(高額)を売りつけに来たという内容。母親はいらないというのに、小さな娘がおもむろにお札を出して購入しようとするといったものでした。

 『ぴょんころもち』の漫才。こちらは台本を持たず。尺が短めでしたので覚えられたのでしょう。LTPのリリースイベントから行われてきた漫才でしたが、この3人での漫才は、いつ以来になるのでしょうか。内容としては、山崎さんへの感謝の気持ちを手紙にしたためた2人が、それを読むものの、脱線していくというもの。『銀魂』や『ハイキュー』といった、山崎さん関連のワードが飛び交いました。


■ミスコン(担当:麻倉さん)

 照れながら『ミスミリラジ』と自称する麻倉さんが担当のコーナー。ダブルミーニングかな?と思いながら観ていましたら、ここでVTRが。下田麻美さんがまさかの映像出演。会場が大いに沸きました。下田さんの提案でミスコン(モノマネ対決)をすることになったのですが、これが最低ラインとして、たかはし智秋さんのモノマネを披露。ハードルを上げる上げる。ジューシーポーリーな流れの後に、「おっぱい!」で締められたのですが、下田さんが前かがみになると、谷間がご参パイできたことをご報告させて頂きます。

 亜美真美のマネを、ボックスから引いたシチューエーションで行うというもの。モノマネ上手な山崎さんの一人勝ちかと思いきや、爆笑する亜美真美をマネた渡部さんの勝利。似ていることもそうですが、亜美真美であれば、どういったことを話すかといった点で評価された結果であったように思いました。


■演劇部(担当:田所さん)

 朗読劇『桃太郎』。ステージの照明が落ち、各人にはスポットライトが。話している間はそのスポットライトが強くなる形。ミリラジ版『桃太郎』ですので、スタンダードなお話になる訳はありません。思考がパポーなお爺さん役春日未来。そんなお爺さんに翻弄されるお婆さん役中谷育。ゲームでも桃太郎役周防桃子。第一声でお腹がすいたと言ってしまう、犬・猿・雉役大神環。出番がなかなか来ないので心配になっていた鬼役箱崎星梨花。ツッコミを入れるナレーター役最上静香。度々、役を演じていることを忘れて脱線してしまい、しっかり者の静香と桃子がなんとか話を進めていこうとする内容でした。


■ライブ(担当:山崎さん)

 前回ライブコーナーへ行く前に休憩時間に。この間、ミリオン3rdライブBDのPV映像が流れました。既に公開されているものと同じものだったのですが、今回の公録に参加されている方の出演部分のみで再編集されたものとなっていました。


■セットリストについて(全9曲)

 M01:ターンオンタイム! 披露数:初披露
 『ミリオンラジオ!』新テーマソング ターンオンタイム!(2016/08/10)より

  作詞:伊福部崇 作曲・編曲:三好啓太
  歌:山崎はるか、田所あずさ、麻倉もも

 M02:アニマル☆ステイション! 披露数:3回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 08(2015/01/28)より

  作詞:松井洋平 作曲・編曲:AstoroNoteS
  歌:原嶋あかり

 M03:Catch my dream 披露数:5回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 03(2014/09/24)より
  作詞:Mine 作曲・編曲:中土智博
  歌:田所あずさ

 M04:ホップ♪ステップ♪レインボウ 披露数:3回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 08(2013/11/27)より
  作詞:松井洋平 作曲:三輪智也 編曲:墨竃智弘
  歌:稲川英里

 M05:Good-Sleep, Baby♡ 披露数:初披露
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 08(2013/11/27)より
  作詞:こだまさおり 作曲・編曲:川野勝広
  歌:原嶋あかり、稲川英里、渡部恵子

 M06:夢色トレイン 披露数:8回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HERMONY 03(2014/09/24)より
  作詞:rino 作曲:増谷賢 編曲:長田直之
  歌:麻倉もも

 M07:素敵なキセキ 披露数:34回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 03(2013/06/26)より
  作詞・作曲・編曲:岡本健介
  歌:山崎はるか

 M08:MY STYLE! OUR STYLE!!!! 披露数:5回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HERMONY 05(2014/11/26)より
  作詞・作曲:前山田健一 編曲:板垣祐介
  歌:渡部恵子

 M09:Dreaming! 披露数:25回目
 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 01(2015/09/30)より
  作詞:真崎エリカ 作曲:NBSI(佐藤貴文) 編曲:Arte Refact
  歌:山崎、田所、麻倉、原嶋、稲川、渡部


 ミリラジの新しいテーマソング『ターンオンタイム!』と、これまでのライブで歌われる機会がなかった『Good-Sleep,Baby♡』が初披露。『アニマルステイション!』と『ホップ♪ステップ♪レインボウ』については、CDリリースイベント以来の披露で、特に『ホップ♪ステップ♪レインボウ』は、稲川さんがミリオンのイベントで初めて歌われた曲で、約3年ぶりに披露されました。披露回数が少ないものもあれば、多いものも。『素敵なキセキ』は34回目。最近では、こちらに歌を振られることが多いので、イントロで曲が分かった際に、どこまでこちらに振るのかなと思い、面白くなってしまったのでした。

 1曲目『ターンオンタイム!』。以前のテーマソングである『U・N・M・E・I ライブ』が予期せず感動曲になったので、何事も無く無事に初披露されて良かったでした。ラジオで話題が挙がったコールが行われまして、初披露でありながら出来上がっていたのでは。『アニマルステーション』や『ホップ♪ステップ♪レインボウ』もリリースイベント以来で、初披露みたいなものでしたが、こちらもコールがしっかり入っていて、皆さん、ちゃんと予習してきているんだなと思うばかり。『アニマル☆ステーション!』では、LTD06イベントの際の『ジャングル☆パーティー!』を彷彿とさせる、動物園状態に。

 5曲目『Good-Sleep,Baby♡』。稲川さんが歌い終わられた後、そのまま稲川さんがステージに残り、原嶋さん、渡部さんを迎い入れて歌われました。CDで何度か聴いていたので聴き馴染みはあったのですが、ライブでは初披露。『Catch my dream』が3曲目にきた時点で勘付いていましたが、先読みできない不意打ちな選曲。間奏部分、3人がステージ上を舞って、代わる代わる踊りを披露するといったところがありました。これは3人バージョンでの踊りでしょうし、もしオリジナルメンバーで披露されることがあれば変わるのかもしれません。

 8曲目『MY STYLE! OUR STYLE!!!!』。この曲の初披露となった、LTH05,06以来、久しぶりに生で聴くことができました。あの時は、リハーサルの際には歌いきることができなかったと渡部さんが話されていましたが、本番では応援の後押しで歌いきられていました。ただ、いっぱいいっぱいな感じは否めなかったように記憶しています。あれから2年ほど経ち、3rdライブを経て、堂々と歌いきられていました。しかも、ソロのトリを飾るという。曲終わりに、「桃子がトリを任せてもらうまでになりました」と渡部さん。アイマスの曲には、曲そのものであったり、歌われてきた経緯であったり、『物語』があるからこそ、惹かれるものがあるのだと実感しました。


■ミリオンライブの雑誌刊行、コミック新連載開始の発表が 

 公録終了前に発表が。新雑誌『THE IDOLM@STER MILLIONLIVE! MAGAZINE』が来年1月末より発売と、新コミックが電撃マオウにて来年春より連載開始。コミックの新連載は予想できる話ですが、ミリオンライブの雑誌が刊行されるとは予想外でした。来年こそはミリオンライブの年になるのか。その足がかりとなるのか期待したいところです。

 2時間ほどで公録終了。この模様は後日、ミリラジ内で放送されるとのことでした。以前と同じであれば年始辺りでしょうかね。ただ、今回の内容を音声だけで伝わるのかどうか疑問なのですが、カメラが多かったのでもしかすると映像付きになるかもしれません。年始辺りをお楽しみに。