HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2018

HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2018

アイドルマスターの歴史を振り返ってみるブログです。

【ライブレポート】ステージいっぱいのありがとう『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!』

イベント詳細

 

イベント詳細

 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!
開催日:2017/03/10   開場17:00 開演18:00
    2017/03/11,12 開場16:00 開演17:00
会 場:日本武道館(東京都) 料金:8,800円
出演者:
<DAY1 Sunshine Theater>
Machico(伊吹翼役)、大関英里(佐竹美奈子役)、角元明日香(島原エレナ役)、郁原ゆう(エミリー スチュアート役)、木戸衣吹(矢吹可奈役)、田村奈央(木下ひなた役)、中村温姫(ロコ役)、夏川椎菜(望月杏奈役)、浜崎奈々(福田のり子役)、原嶋あかり(中谷育役)、山口立花子(百瀬莉緒役)、渡部優衣(横山奈緒役)
<DAY2 BlueMoon Theater>
田所あずさ(最上静香役)、愛美(ジュリア役)、阿部里果(真壁瑞希役)、伊藤美来(七尾百合子役)、小岩井ことり(天空橋朋花役)、駒形友梨(高山紗代子役)、近藤唯(篠宮可憐役)、斉藤佑圭(永吉昴役)、戸田めぐみ(舞浜歩役) 、野村香菜子(二階堂千鶴役)、平山笑美(北上麗花役)、藤井ゆきよ(所恵美役)
<DAY3 Starlight Theater>
山崎はるか(春日未来役)、麻倉もも(箱崎星梨花役)、雨宮天(北沢志保役)、稲川英里(大神環役)、上田麗奈(高坂海美役)、小笠原早紀(野々原茜役)、桐谷蝶々(宮尾美也役)、末柄里恵(豊川風花役)、諏訪彩花(徳川まつり役)、高橋未奈美(馬場このみ役)、村川梨衣(松田亜利沙役)、渡部恵子(周防桃子役)


出演者感想まとめ

f:id:huurai0:20170410003632j:plain


初日、最後列ながらも高音質なライブを体験


 『Thank You!』の歌詞にある“武道館”での3日間のライブイベント。その3日間を現地で観てきましたので、その感想を。初日の座席は南ブロック西側最後列。ステージが北側でしたので、正面から観られる位置でした。この位置が音を聴くには最適だったらしく、これまで参加してきたどのライブイベントよりも音がクリアに聴こえました。曲の間奏で何か叫んでいるなという時の声もしっかり聴こえるぐらい。おかげで、会場の雰囲気を楽しむだけに終わらず、思う存分ライブを耳で楽しめた貴重な経験となりました。ライブで使用されているスピーカーは、単に大きい音が流せるものという認識であったのが、実際には高品質で繊細な音を流していたことは大きな発見でした。しかしながら、2日目。この日も最後列でしたが、場所は変わり東ブロック。スピーカーに向かう位置が違うだけで、音が回ってしまい、こもり気味な音声に。こうも音の聴こえ方が違ってくるのだなと勉強になりました。


比べるものではありません


 初日は時間がなかったので2日目に展示物を観て回りました。比べるものではないと思うものの、シンデレラと比べると…と思ってしまう。そもそも、フラワースタンドという名のお城と比べてはいけないのかもしれません。そとはそと、うちはうち。

f:id:huurai0:20170410003608j:plain


3日目、『響け!ユーフォニアム2』のイベント参加後武道館へ。


 3日目は、『響け!ユーフォニアム2』のイベントに参加。TRUEさん、北宇治カルテッドのライブあり、クラシックコンサートあり、朗読あり、今週の杉田ありと、盛り沢山な内容。時間の関係上、最後の挨拶をされている途中で抜けて武道館へ。開演間際での入場になってしまいました。この日はアリーナC3ブロック。自分の席はどこだろうなと、前へ前へと進むと、目の前にステージが!チケット発券時には、C4ブロックというので、AとBの後ろのブロックかと思っていたのですが、AとBはステージ横のブロックで、Cがステージ前のブロック。これまでの2日間、最後列にいたのに、最後の最後で前列の通路側というフリー素材確定の席となりました。それにしてもこの日が、これまでで一番アイマス関連の声優さんを目にした日になるとは思いもしなかったのでした。


1日目セットリスト(全27曲)


M01:Thank You! 披露数:64回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(13/04/24)より
   作詞:NBSI(モモキエイジ)
   作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)
   歌:出演者全員

M02:サンリズム・オーケストラ♪ 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 01(16/12/07)より

   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:EFFY
   歌:出演者全員

M03:おまじない 披露数:6回目
   LIVE THE@TER HARMONY 07(15/01/28)より
   作詞:きみコ
   作曲・編曲:中土智博
   歌:木戸衣吹

M04:Happy Darling 披露数:11回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 03(13/06/26)より
   作詞:rino

   作曲・編曲:山元祐介
   歌:夏川椎菜

M05:WHY? 披露数:5回目 
   LIVE THE@TER HARMONY 10(15/03/25)より
   作詞:春和文

   作曲・編曲:中土智博
   歌:山口立花子

M06:ゲキテキ!ムテキ!恋したい! 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 01(16/12/07)より
   作詞・作曲:藤本記子

   編曲:福富雅之
   歌:レオ(角元、原嶋、中村)

M07:マイペース☆マイウェイ 披露数:初披露
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 07(13/10/30)より
   作詞:松井洋平

   作曲・編曲:増谷賢
   歌:浜崎奈々

M08:SUPER SIZE LOVE!! 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 08(15/01/28)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:酒井拓也(Arte Refact)
   歌:大関英里

M09:恋のLesson初級編 披露数:10回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 06(13/09/25)より
   作詞:こだまさおり

   作曲・編曲:nyanyannya(Team.ねこかん[猫])
   歌:Machico

M10:ランニング・ハイッ 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 01(16/12/07)より
   作詞:松井洋平

   作曲・編曲:睦月周平
   歌:キャンサー(郁原、田村、渡部優)

M11:アニマル☆ステイション! 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 08(15/01/28)より
   作詞:松井洋平

   作曲・編曲:AstroNoteS
   歌:原嶋あかり

M12:IMPRESSION→LOCOMOTION! 披露数:初披露
   LIVE THE@ETR PERFORMANCE 12(14/03/26)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:谷島俊

   歌:中村温姫

M13:ファンタジスタ・カーニバル 披露数:初披露
   LIVE THE@TER HARMONY 10(15/03/25)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲:桑原聖(Arte Refact)
   編曲:酒井拓也(Arte Refact)
   歌:角元明日香

M14:NO CURRY NO LIFE 披露数:初披露 
   LIVE THE@TER FORWARD 01(16/12/07)より
   作詞:唐沢美帆
   作曲・編曲:板垣祐介

   歌:カプリコーン(夏川、山口、木戸)

M15:微笑み日和 披露数:5回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 05(13/08/28)より
   作詞・作曲:rino
   編曲:福富雅之

   歌:郁原ゆう

M16:りんごのマーチ 披露数:3回目
   LIVE THE@TER HARMONY 08(15/01/28)より
   作詞:坂井李乃
   作曲・編曲:菊池達也

   歌:田村奈央

M17:ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン 披露数:16回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 03(13/06/26)より
   作詞:由貴野ひめか
   作曲:江波哲志
   編曲:佐々木裕

   歌:渡部優衣

M18:Bonnes! Bonnes!! Vacances!!! 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 01(16/12/08)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:AstroNoteS

   歌:リブラ(Machico、大関、浜崎)

M19:創造は始まりの風を連れて 披露数:5回目
   THE@TER ACTIVITIES 01(16/09/07)より
   作詞:結城アイラ
   作曲・編曲:KHOTA YAMAMOTO

   歌:伊藤、小岩井、麻倉、村川、中村

M20:Emergence Vibe 披露数:初披露
   LIVE THE@TER DREAMERS 06(16/03/23)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:AstroNoteS

   歌:角元、山口

M21:fruity love 披露数:4回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 05(2016/01/27)より
   作詞・作曲:宮崎まゆ
   編曲:高橋修平

   歌:中村、原嶋

M22:Eternal Harmony 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 04(14/09/24)より
   作詞:Ayaka Miyake、TAKAROT

   作曲:Mitsuyuki Miyake、K's、TAKAROT
   編曲:K's、TAKAROT
   歌:大関、郁原、木戸、夏川

M23:HOME, SWEET FRIENDSHIP 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 05(14/11/26)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:AstroNoteS

   歌:Machico、田村、浜崎、渡部優

M24:Growing Storm! 披露数:7回目
   LIVE THE@TER HARMONY 02(14/07/30)より
   作詞:mft
   作曲・編曲:高田暁

   歌:乙女ストーム!(山崎、Machico、阿部、伊藤、夏川)

M25:DIAMOND DAYS 披露数:6回目
   THE@TER ACTIVITIES 01(16/09/07)より
   作詞:rino
   作曲・編曲:高田暁

   歌:出演者全員

EN1:Dreaming! 披露数:28回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 01(15/09/30)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:BNSI(佐藤貴文)

   歌:出演者全員

EN2:Thank You! 披露数:65回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(13/04/24)より
   作詞:NBSI(モモキエイジ)
   作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)

   歌:出演者全員


2日目セットリスト(全27曲)


M01:Thank You! 披露数:66回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(13/04/24)より
   作詞:NBSI(モモキエイジ)
   作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)
   歌:出演者全員

M02:brave HARMONY 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 02(17/01/11)より

   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:EFFY
   歌:出演者全員

M03:恋の音色ライン 披露数:3回目
   LIVE THE@TER HARMONY 09(15/03/25)より
   作詞・作曲・編曲:KOH
   歌:野村香菜子

M04:夕風のメロディー 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 10(15/03/25)より
   作詞:藤本記子

   作曲・編曲:野井洋司
   歌:近藤唯

M05:Maria Trap 披露数:4回目 
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(13/05/29)より
   作詞:ZAQ
   作曲・編曲:三浦誠司

   歌:小岩井ことり

M06:Raise th FLAG 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 02(17/01/11)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:堀江晶太

   歌:サジタリアス(藤井、戸田、阿部)

M07:Day After “ Yesterday” 披露数:3回目
   LIVE THE@TER HERMONY 09(15/03/25)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:高田暁

   歌:斉藤佑圭

M08:透明なプロローグ 披露数:11回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(2013/05/29)より
   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:若林充

   歌:伊藤美来

M09:Precious Grain 披露数:33回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(13/05/29)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:佐々木裕

   歌:田所あずさ

M10:待ちぼうけのLacrima 披露数:3回目
   LIVE THE@TER FORWARD 02(17/01/11)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲:小高光太郎、UiNA
   編曲:小高光太郎

   歌:アクアリウス(平山、愛美、駒形)

M11:フローズン・ワード 披露数:8回目
   LIVE THE@TER HARMONY 06(14/11/26)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲:桑原聖(Arte Refact)
   編曲:酒井拓也(Arte Refact)

   歌:藤井ゆきよ

M12:Get My Shinin' 披露数:4回目
   LIVE THE@ETR PERFORMANCE 11(14/02/26)より
   作詞:磯谷佳江
   作曲・編曲:関野元規

   歌:戸田めぐみ

M13:POKER POKER 披露数:初披露
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 05(13/08/28)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:橋本由香利

   歌:阿部里果

M14:P.S I Love You 披露数:初披露 
   LIVE THE@TER FORWARD 02(17/01/11)より
   作詞:唐沢美帆
   作曲・編曲:ラムシーニ

   歌:ピスケス(近藤、小岩井、野村)

M15:流星群 披露数:5回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 06(13/09/25)より
   作詞:きみコ
   作曲・編曲:黒須克彦

   歌:愛美

M16:vivid color 披露数:2回目
   LIVE THE@TER HARMONY 09(15/03/25)より
   作詞・作曲・編曲:KOH

   歌:駒形友梨

M17:FIND YOUR WIND! 披露数:16回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 06(13/09/25)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:中土智博

   歌:平山笑美

M18:プリムラ 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 02(17/01/11)より
   作詞・作曲・編曲:KOH

   歌:ウィルゴ(斉藤、伊藤、田所)

M19:赤い世界が消える頃 披露数:3回目
   THE@TER ACTIVITIES 03(16/09/07)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:光増ハジメ

   歌:木戸、大関、近藤、阿部、平山

M20:Beat the World!! 披露数:初披露
   LIVE THE@TER DREAMERS 06(16/03/23)より
   作詞:唐沢美帆
   作曲・編曲:EFFY

   歌:戸田、藤井

M21:Marionetteは眠らない 披露数:6回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 06(13/09/25)より
   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:高田暁

   歌:愛美、平山

M22:Blue Symphony 披露数:12回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 04(13/07/31)より
   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:山口朗彦

   歌:田所、阿部、伊藤、近藤

M23:星屑のシンフォニア 披露数:4回目
   LIVE THE@TER HARMONY 09(15/03/25)より
   作詞:藤本記子
   作曲・編曲:EFFY

   歌:小岩井、駒形、斉藤、野村

M24:Flooding 披露数:初披露
   ミリオンライブ!第4巻特別版限定CD(16/07/12)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:矢鴇つかさ(Arte Refact)

   歌:クレッシェンドブルー(田所、平山、雨宮、小笠原、麻倉)

M25:DIAMOND DAYS 披露数:7回目
   THE@TER ACTIVITIES 01(16/09/07)より
   作詞:rino
   作曲・編曲:高田暁

   歌:出演者全員

EN1:Dreaming! 披露数:29回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 01(15/09/30)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:BNSI(佐藤貴文)

   歌:出演者全員

EN2:Thank You! 披露数:67回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(13/04/24)より
   作詞:NBSI(モモキエイジ)
   作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)

   歌:出演者全員


3日目セットリスト(全28曲)


M01:Thank You! 披露数:68回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(13/04/24)より
   作詞:モモキエイジ
   作曲・編曲:佐藤貴文

   歌:出演者全員

M02:Starry Melody 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 03(17/02/15)より

   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:高田暁

   歌:出演者全員

M03:Heart♡・デイズ・Night☆ 披露数:初披露
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 13(14/04/30)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:バグベア

   歌:小笠原早紀

M04:ホップ♪ステップ♪レインボウ♪ 披露数:4回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 08(13/11/27)より
   作詞:松井洋平
   作曲:三輪智也
   編曲:炭竃智弘

   歌:稲川英里

M05:トキメキの音符になって 披露数:32回目 
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(13/05/29)より
   作詞:rino
   作曲・編曲:岡本健介

   歌:麻倉もも

M06:リフレインキス 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 03(17/02/15)より
   作詞・作曲:藤本記子
   編曲:福富雅之

   歌:スコーピオ(雨宮、上田、村川)

M07:フェスタ・イルミネーション 披露数:3回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 10(15/03/25)より
   作詞・作曲:松井洋平
   編曲:関野元規

   歌:諏訪彩花

M08:素敵なキセキ 披露数:35回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(13/05/29)より
   作詞・作曲・編曲:岡本健介
   歌:山崎はるか

M09:ハッピ~ エフェクト! 披露数:初披露
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(13/05/29)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:バグベア

   歌:桐谷蝶々

M10:永遠の花 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 03(17/02/15)より
   作詞:森由里子
   作曲・編曲:三好啓太

   歌:ジェミニ(渡部恵、末柄、高橋)

M11:デコレーション・ドリ~ミンッ♪ 披露数:4回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 12(14/03/26)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:増谷賢

   歌:渡部恵子

M12:dear... 披露数:5回目
   LIVE THE@ETR PERFORMANCE 13(14/04/30)より
   作詞・作曲・編曲:KOH

   歌:高橋未奈美

M13:オレンジの空の下 披露数:2回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 03(14/04/30)より
   作詞:こだまさおり
   作曲:岡本健介
   編曲:森谷敏紀

   歌:末柄里恵

M14:Sweet Sweet Soul 披露数:初披露 
   LIVE THE@TER FORWARD 03(17/02/15)より
   作詞:ZAQ
   作曲:BERABOW、SigN
   編曲:Shinnosuke

   歌:アリエス(稲川、小笠原、麻倉)

M15:恋愛ロードランナー 披露数:6回目
   LIVE THE@TER HERMONY 06(14/11/26)より
   作詞:唐沢美帆
   作曲・編曲:石田秀登

   歌:上田麗奈

M16:Up!10sion♪Pleeeeeeeeease! 披露数:6回目
   LIVE THE@TER HARMONY 06(14/11/26)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:AstroNoteS

   歌:村川梨衣

M17:ライアー・ルージュ 披露数:10回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 04(13/07/31)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:西添健

   歌:雨宮天

M18:メメント?モメント♪ルルルルル☆ 披露数:初披露
   LIVE THE@TER FORWARD 03(17/02/15)より
   作詞:松井洋平
   作曲:宮崎まゆ
   編曲:ラムシーニ

   歌:タウラス(山崎、諏訪、桐谷)

M19:侠気乱舞 披露数:3回目
   THE@TER ACTIVITIES 02(16/10/12)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:yuxuki waga
   編曲:sasakure.UK

   歌:愛美、渡部恵、稲川、田村、浜崎

M20:ジャングル☆パーティー 披露数:3回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 06(16/03/23)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:AstroNoteS

   歌:稲川、小笠原

M21:little trip around the world 披露数:2回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 04(15/12/23)より
   作詞:松井洋平
   作曲・編曲:yuxuki waga

   歌:麻倉、渡部恵

M22:PRETTY DREAMER 披露数:14回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 04(13/07/31)より
   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:矢鴇つかさ

   歌:山崎、末柄、高橋、村川

M23:瞳の中のシリウス 披露数:7回目
   LIVE THE@TER HARMONY 10(14/01/29)より
   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:野井洋児

   歌:天宮、上田、桐谷、諏訪

M24:ジレるハートに火をつけて 披露数:6回目
   LIVE THE@TER HARMONY 06(14/11/26)より
   作詞:藤本記子
   作曲・編曲:増田武史

   歌:雨宮、上田、桐谷、藤井

M25:君との明日を願うから 披露数:初披露
   ミリオンライブ!第5巻特別限定CD(16/12/12)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲:原田篤 編曲:酒井拓也

   歌:山崎、田所、Machico

M26:Brand New Theater! 披露数:初披露
   THE@TER GENERATION 01 (17/07/26)
   作詞:モモキエイジ
   作曲:佐藤貴文
   編曲:EFFY

   歌:出演者全員

EN1:Dreaming! 披露数:30回目
   LIVE THE@TER DREAMERS 01(2015/09/30)より
   作詞:真崎エリカ
   作曲・編曲:佐藤貴文

   歌:出演者全員

EN2:Thank You! 披露数:69回目
   LIVE THE@TER PERFORMANCE 01(2013/04/24)より
   作詞:モモキエイジ
   作曲・編曲:佐藤貴文

   歌:3公演出演者全員


 3日間の公演で全出演者がそれぞれソロ曲を披露。TA、LTFシリーズのユニット曲についてはオリジナルメンバーで全曲披露されました。メンバーが揃っていない日であっても、サプライズゲストとして別日のメンバーが参加。そのサプライズが初めて行われた『創造は始まりの風を連れて』での、会場内の驚き、そして歓声は凄まじいものでした。初披露曲は20曲にも及び、この3公演でミリオンスターズ(765PRO ALLSTARSのメンバーの曲を除く)の曲を全て披露したことに。初披露された曲の中では、CD発売から3年半が経過していた『POKER POKER』も。この曲の際、さすが阿部里果さんだなと思うパフォーマンスをみせていたのですが、MCパートで再登場する際には、泣いている阿部さんを藤井さんが連れ立っていました。最初この光景を見たときに、泣いている藤井さんを阿部さんが連れ立っているのかなと勘違い。それぐらい、阿部さんに対してそうなってしまうイメージがなかったのでしょう。ミスを悔やんでいたようで、リベンジしたいと語っていた阿部さん。初披露までが長すぎたので、気負ってしまっていた面もあったのでしょう。駒形さんも、3rdでの『vivid color』について同じ様なことを語られていましたが、言わなければ不出来だとみんな思わなかったはず。それでも言ってしまうのは、自分自身にとって許せない感情であったり、自身が演じる役に対して申し訳ないという気持ちがあったからこそ。つくづく真摯だなと感じたのでした。


ミリオンでは実は初だった1公演2種類の衣装

 
 衣装は、各公演ごとのLTFシリーズのジャケットをイメージしたものと、共通のものが用意されました。シンデレラが個別の衣装だったからか、共通の衣装が逆に新鮮に映りました。ミリオンの場合、1つの公演で2種類の衣装は実は初めてのこと。最初はユニットごとの衣装で、中盤に共通衣装に着替える構成は、SideM2ndライブを彷彿とさせました。2日目の『BlueMoon Harmony』の衣装については、藤井さんの『いやらし手袋』、斉藤さんの『フリーザみたい』発言のおかげでとっても印象的に残りました。衣装のことをフリーザみたいと称していた斉藤さんの旦那さんが、そのフリーザを真っ二つにしていたインパクトの大きさたるや。


このみ姉さんの髪型再現には、なつきち以来の衝撃が

 
 髪型、髪色の変化に驚いたのは、言うまでもなく高橋未奈美さん。シンデレラ3rdの安野さん以来の衝撃。最初に見たときに、一瞬誰だか分からなかったという。元々、高橋さんご本人に対して髪型を変えるだけで、かなり雰囲気が変わりそうだと思ってはいましたが、このみ姉さんの髪型、髪色を再現されて別人の様。髪色が明るいと舞台栄えするなと思いながら見ていました。丁度、3日目でしたので近くで見られて有り難いかぎり。さらには、2日目の出演者であった愛美さんも間近で見られたのですが、赤髪の愛美さんを間近で見ましたら、ジュリアそのものだったのでした。


納得のソロ曲1曲目

 
 ソロ曲パートについては、曲の終盤辺りで次の出演者が加わり、一緒に歌うという新しい流れがありました。公演時間内に数多くの曲を披露するための策だったのかもしれませんが、ソロ曲でありながらデュエットが聴ける珍しい機会となりました。ソロ曲1曲目に歌われたのが『おまじない』。劇場版アイドルマスターで早速注目された矢吹可奈の曲から始まるというのは感慨深いものがありました。前回3rdライブでの木戸さんが、どうも完璧にこなそうとしているなと、もっとアソビがあっても良いのになと常々思っていましたが、今回はその殻を破った印象が。木戸さんがトップバッターで良かったと素直にそう思えたソロ曲1曲目でした。ソロ曲の中で話しておきたいのが『オレンジの空の下』。曲としても好きですし、末柄さんのあの歌声があいまってより一層という曲。初披露が2ndライブでその際には、初めての大舞台で自身の力を発揮できていなかった印象でした。そして、今回2度目の披露。2ndと同じく『dear...』からの流れ。あれから数々のステージを経験してこられたので、あの時とは違い、状況に飲まれることなく歌われていたように感じました。ずっと聴き入っていたかったというのが率直な感想。でも、まだこんなもんじゃないだろうという想いも。3度目もその場で聴けるといいな。


数々の曲を聴くことで過去のリリースイベントが思い浮かぶ

 
 数々の曲を聴いて思い浮かんでくるのは過去のCDリリースイベント。LTP07のイベント前に流れていた『マイペース☆マイウェイ』。今日はこの曲聴けないのかと開演時間を待ちながら耳にしていた曲が、3年以上経って武道館で聴けるとは驚き。LTH05,06のイベントで初めて聴いた『Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!』が、あれから何度も改良を加えられていたとは。LTD06のイベントで聴いた『ジャングル☆パーティー』の盛り上がりは異常だったなと、様々な思い出を振り返る機会となりました。さすがに思い出までとはいかない、最近のイベントであるTA03。『赤い世界が消える頃』は、リリースイベントとの違いを見ていました。ステージの大きさが全然違いますので、それに合わせて振りも変化。ライブハウスであれば、全員が集まって踊るところがあったのですが、それがありませんでした。もしかすると、TA01,02も同様な振りの変更があったのではないかと思われます。LTFに関しては、リリースイベント不参加。その分、武道館で楽しませていただきました。


曲の背景となるドラマが役に没頭できる要素に

 
 ゲッサンで連載されていた漫画から生まれた曲は3曲。3rdライブで披露された『アイル』と、今回の『Flooding』・『君との明日を願うから』。この2曲は、4、5巻の作中で歌われている曲で、絶対歌われるだろうからと、ライブの前々日辺りに漫画を読みました。(遅い)この漫画を読んでいるのと読んでいないとでは大違いで、曲の背景にあるドラマを含めて楽しめるというのが大きな利点。歌う側としても、ドラマがあるからそこ、より役に入れるようで、いつも以上に役を演じている感覚が見て取れました。『君との明日を願うから』では、役に没入する要素として、原作者である門司雪先生が考えられた台詞を話す場面がありましたから、特にそれが感じられました。


ジレるハートに火をつけて

 
 2日目に藤井さんが話されていた葛藤について。その時は詳しい話をされていなかったのですが、3日目の『ジレるハートに火をつけて』での、鬼気迫る表情を見て、このことだったのだなと納得。琴葉、環、海美、恵美、美也の灼熱少女(バーニングガール)のユニット曲。琴葉が出られないのに歌っていいものかという葛藤を、最後の挨拶の際に話されました。このとき、上田麗奈さんは感情が抑えられないといった風で泣き始めてしまいました。一緒である機会が多いから尚更なのだろうなと。この光景を見た後での『Thank You!』。メインモニターには琴葉の姿が。琴葉が武道館の舞台に立つ。とても喜ばしいことなんだけれども、その姿を観ると、色んな想いが溢れて泣きそうになってしまったので、しっかり観ることができませんでした。


新アプリ『シアターデイズ』、4周年記念アニメPV発表

 
 ライブイベントと言えば、大きな発表があるのが常。1日目、2日目はアイマスシリーズとパシフィック・リーグ6球団との大型コラボが発表されました。具体的なコラボ内容は未発表ですので何が行われるかは分かりませんが、アイマスには野球好きなアイドル(声優?)がいますので、そのアイドルが中心になって何らかのイベントが行われるのでしょう。そうなると、SideMの新アイドル発掘オーディションには選考されなかったものの、元高校球児のアイドル候補生『猪狩礼生』の存在が思い出されます。彼がいれば西武ライオンズ担当に抜擢されたかもしれないのに。嗚呼、勿体無いと思う、かつて投票していた者の嘆きでした。

 3日目には、坂上総合プロデューサーがいつもの変態コールに迎えられて登場。この日は、いつも挨拶の長い村川さんが珍しく短時間でまとめるほど、MCパートが短めに行われていました。それだけに大きな発表が待っているのだろうなと感じてはいたのですが、新アプリ『THEATER DAYS』、さらには4周年記念のアニメーションPV(10分弱)発表されました。この間、ゲーム画面であったり、アニメの数々のシーンであったりと、怒涛の新映像公開。TVアニメシリーズ製作発表はなかったですが、SideM2ndライブでも坂上Pが言っていたように、ミリオンライブは一歩ずつ進んでいくのでしょう。




ステージいっぱいのありがとう

 

 アンコールで『Dreaming!』を披露した後、登場したのは3公演の出演者全員。あまりのことに、感動が追いつかなかったのですが、武道館ライブが発表された当時に思い描いていた光景はまさしくこれでした。この日に全員のスケジュールを抑えるのが難しくとも、東京都内でこの時間となれば、なんとかなるものなのだなと、スケジュール調整の妙を感じた次第。36人、そして、メインモニター上で歌い踊る琴葉による『Thank You!』。正直言って、どこを観ていいのかよく分からないぐらいに、ステージ上は人で一杯でした。最後はステージ上1列になっての、「ありがとうございました!」の一声。短い時間ではありましたが、この大人数でのステージをこの目にするとは夢のよう。夢心地のまま会場出ると、新たに書き添えられた田中琴葉役種田梨沙さんのメッセージが。次こそは、みんなといっしょに。

f:id:huurai0:20170410003904j:plain